ピティナステップ

こちらの記事は2018年4月24日に書いたブログの再編集版となります。

今期、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)のステップをレッスン継続生徒さんにおすすめしています。

コロナ禍で発表の場をなかなか確保できない日々。

5月発表会のネットアンケートでは、「発表の場に積極的に参加したい!」とお答えくださった方も何名か見受けられました。

今の状況下ですと私の教室では、年に一度の発表会を主催することがやっとであると判断をしており、講師一人の力だけでは叶えられないことは外部団体のお力を借りて生徒の意欲を満たしていければと考えています。

(以下再掲文)


ピティナ・ピアノステップページへはこちら

18-04-24-15-46-47-409_deco.jpg

わたし自身もピアノを習ってきた学生時代に、何度も参加してきました。

ステップは、いつでも参加することができる公開の舞台です。

レベルごとに分かれた23ステップは、いわば検定のようなもので、自分のレベルに適した課題曲と自由曲の2曲を演奏しあど、経験豊富なピアニストの先生3名から直筆コメントをもらうことができます。

大きな舞台に立ち、多くの人の前で演奏をする。

これがどれほど子どもたちにとって大きな挑戦であることか。

しかし、この大きな目標を挑戦し抜き、得る達成感はピアノを習う上でとても貴重な経験のひとつだと思います。

またこのピティナステップではそれぞれに「ピティナパスポート」というものがもらえ、レベルを達成すると合格シールが貼られます。そのため次の機会には、ひとつ上のレベル…と継続的にレベルアップを目指すこともできます。

18-04-24-15-46-31-664_deco.jpg

このように日頃の練習成果を発表するために受ける人もいれば、コンクールの事前練習、ホールでの練習のため…など参加目的はさまざまです。私自身も前職を退職してから、人前で弾く機会が減ってしまったので次はわたしも久しぶりにステップに参加したいなぁと思います♪

発表会もこれから企画していく予定ですが、このように外部団体の力もお借りしながら、皆でより多くの舞台や曲を経験していければと考えています。


といったようなわけでピアノ教室の近隣で10月にこちらのステップが開催予定です。

ATOピアノ教室からは現在10名の生徒が参加を予定し、日々の練習に励んでいます。

感染症対策を行った上で、また貴重な経験を積むことができる一日を過ごせるようサポートをしていきますので、参加者の皆さん。がんばりましょうね!